2008年11月01日

Google イースターエッグ


様々な形でメディアに隠れているメッセージのことを「イースターエッグ」と呼ぶそうですが、もはや検索エンジンとは一概に呼べなくなってきているGoogleにも昔から様々なイースターエッグが存在しています。

以前に記事にしたGoogle検索でのユニークな検索キーワードの他にも「こんなものがあったんだ」と3連休の初日の早朝に感激してしまったりしたので、ご紹介します。



そもそもイースターエッグとは、毎年の3月から4月の復活祭(=イースター)で使われるカラフルに飾りつけられた卵のこと。
その卵を家の中に隠して子供に探させるという伝統的な遊びが、いつしかメディアの隠しネタを指す言葉として使われるようになったということ。

「ダヴィンチ・コード」で登場したものが印象に強いです。

それで、Googleにもイースターエッグが数多くあることは有名なんですが、特に有名なものとして「google easter eggs」がある。
これは「google easter eggs」というキーワードで「I'm Feeling Lucky」をすれば出てくるページ。ウサギが「g,o,o,g,l,e」の落ちてくるアルファベットをキャッチして「Google」を完成させる簡単なゲーム。

一回完成させるとまた初めからで、今度は少し早めに文字が落ちてきます。
すごく遅いパターン、すごく早いパターンなど、意外に凝ってます。



posted by airi at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。