2008年12月02日

タイトル変えた




そんなわけでタイトルを変更いたしました。

前のはいかにも初心者の発想をそのままという感じだったのですが、もっと主題に近くて何をしたいのかを明確にした感じのタイトルが現在のタイトルです。


1ヶ月くらい更新してなかったんですね・・・。

本業は忙しすぎます。

これからは少し楽になるので、この方面のことで遊べる時間もあるかもしれません。


タグ:title
posted by airi at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月04日

GoogleみたいなYahoo


最近、Yahoo検索がGoogleに似てきています。

Googleで採用されているような検索結果に画像を表示したりする機能をYahooの検索結果でも表示されるようになります。

Google化していくYahoo!|CyberAgent SEO Information

CyberAgent SEO InformationではYahooの検索結果の動向について詳しく書かれています。

近いうちにYahoo!でもニュースの画像表示やインデント表示が導入されると予測しています。


独自路線を行くはずのYSTもこうGoogle化していくと、がっかりするものがあります。


タグ:google yahoo
posted by airi at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年09月24日

動的URLは使わないべきか?そうでないか?

動的URL対策はどうしていますか?

静的URLに置き換える方針と、そのまま検索エンジンにまかせる方針と、いろいろあるかと思います。

詳細は以下から。


続きを読む
タグ:SEO 動的URL
posted by airi at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年09月12日

検索エンジンに協調フィルタリングを組み込んでみた

先日、Amazonは協調フィルタリングというシステムを導入しているという記事を書きました。

これを検索エンジンが導入したらどうなるか?ということをふと疑問に思ったのです。


例えば、で考えてみます。A・B・C・D・E・Xというページがそれぞれあるとします。

AとBがそれぞれC・D・Eへのリンクを持っていて、XはC・Dへのリンクを持っています。
この時、A・Bは同じグループに属していると推測されます。

そして、XはA・Bと同じ「C・Dへのリンクを持っている」ため、A・Bのグループの考え方に近いということになります。そこで、システム側はXはEへのリンクも張るだろうと予測します。

さて、これを最近の検索エンジンに当てはめてみますか。

A・Bグループに所属しているメンバのページ(サイト)は、何かしらの条件で同じグループの他のページと近い評価を受ける可能性があります。
さらに、XはA・Bのグループと同じ嗜好を持っていると判断されるため、Eへのリンクが「キーポイント(落とし穴)」になりかねません。
まぁどちらもA・Bグループの評価が低い場合です。

関連付けされたサイトというのは今もありますが、それがより表面化されて、SEO自体に影響を及ぼすようになる、という感じですかね。

さらに言うと、最近のYSTのようにTDPが発生したときに、同じグループの他のページの影響を受けることになります。
順位変動、評価、バックリンク・・・など、より低層の問題になるにつれ重大になるシステムができあがります。



っていう妄想。

最近の動向から見て、まずありえません。
ただ、ページの独自性を追うことを見失うようなことがあれば、必ずしもないとはいえない未来です。
posted by airi at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年09月10日

Googleは隠しリンクが嫌い?

こんな記事を書くGoogleさんってやっぱり優しいのね♪


「Google Japan Blog: Google の検索は隠しテキストが嫌い」
http://googlejapan.blogspot.com/2008/09/google_10.html

YSTインデックスが更新アナウンスされた今日、Googleはこんな記事を書いていました。

内容は隠しリンクがどれだけ怖いか・・・というより関連性の低いキーワードを埋め込むなって話みたいです。

私たちには常識の内容なんですけどね。


この記事を読んで思ったことは、GoogleやYahooの検索アルゴリズムの進化に従って現れる「一般人」への影響。
どうしたって、「ホームページ」のウェブマスターなるものだって、いずれはスパムと向き合うことになります。

まだ右も左もわからないSEO入門者に是非呼んでほしい記事でした。
posted by airi at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。